F110は2015年から2023年まで、9シーズンに渡りFIA-F4 Japanese Championshipとして開催されてきたレースで使用されてきたマシンです。
FIA-F4とは、FIAが制定した、当時の新しい国際共通規格ジュニアフォーミュラで、2014年のイタリアを皮切りに、英国、ドイツ、オーストラリア等でシリーズ開催がはじまりました。
日本では2015シーズンよりFIA-F4日本選手権(FIA-F4 Japanese Championship)として開催が始まりました。
F3以下のジュニアフォーミュラレースは世界各地で開催されてきましたが、それぞれが独自に設定発展したカテゴリーで、各国をまたぐ共通規格シリーズは、これまで一部を除き存在しませんでした。
日本ではFIAのロードマップに則り、2024年よりFIA-F4 Japanese Championship で使用されるマシンは新世代FIAF4へ使用マシンが変更されましたが、9シーズンに渡りSafety Updateや改良が施されたF110は、いまだにその信頼性と走行性能の魅力が色褪せることはなく、多くの車両が各サーキットのスポーツ走行で使用され続けています。
これらの背景から、運用コストパフォーマンスに優れるワンメイクミドルフォーミュラとして、その役目を果たすべく、今季より「F110 CUP」として新たにカテゴリーデビューすることになりました。

シャシー、エンジン、タイヤそれぞれにサポート体制も継続され、パーツ供給においてもレース参戦に十分な体制が維持されております。
これからも気軽に、そして安全に楽しめるモータースポーツとして発展に努めてまいりますので、F110 CUPをお楽しみいただけますようご案内いたします。


>>> 童夢 F110 スペック












2024.03.25
2024.03.18
岡山国際サーキット 4月28日(日) 予選 + Race-1 / Race-2
モビリティリゾートもてぎ 10月19日(土)予選 + Race-1 20日(日)予選 + Race-2
F110 CUP 西日本王者決定戦 !
F110 CUP 東日本王者決定戦 !